2020年05月02日

上級国民は遠の昔に皆アビガンを飲んでいた

安倍昭恵がいくら出歩いても、国会議員が未だ一人もチャイナウイルスに感染してないのかの疑問が解けたような気がします。結論として連中は皆予防薬としてアビガンを飲んでいるのではあるまいか。そして一般国民は検査もさせず、アビガンも与えず見殺しにしていく。日本国内の外国人にはちゃんと検査してアビガン投与の手厚い治療を施す。結果として満室状態で日本人が入院も出来ない。海外には無償で提供。
結論。大人しくしていれば日本人一般国民が静かに間引きされていくだけです。
貴方の大切な家族が、愛する人が安部政権に殺されたくなければ、死にたくなければ、国民一人一人がなんらかの手段で大声を上げなければなりません。官邸でも、自分の選挙区の議員でも、知事でもなんでも、自分で考えて電凸でもメールでもなんでもいいので殺されたくなければ直ちに行動して下さい


ご意見募集(首相官邸に対するご意見・ご感想)
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

新型コロナの真実〜長期戦を闘うために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】

12:18頃から

アビガンは昔インフルエンザのために使われて比較的安全性が高い。唯一の問題は動物実験で赤ちゃんに悪い影響がある。でもそれは飲んでる間だけですので、飲んでしばらくすれば影響は無いし・・・・

アビガンはお医者さんの判断で投与出来るように変わっている。厚労省にコネのある人々はすでに皆アビガンを飲んでいる。検査の格差、治療の格差で非常に不透明になっている。専門家委員会が治療に関してなんらの見解も出さないが自分たちだけはどんどん使えるようにしている。

今私たちが一番進めたいのはどんどん検査して陽性だ出たらすぐにアビガンを飲んじゃう。もしくは、咳やなんかの表情が出たならアビガンを飲みだして検査結果を待つ
posted by 珍道中 at 01:51| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: