名古屋市長選挙で思ったこと: 突然日記

2021年04月27日

名古屋市長選挙で思ったこと

日曜日、名古屋市長選挙に行ってきました

平成29年の第48回衆議院議員総選挙

平成31年2月3日の愛知県知事選

令和元年7月21の第25回参議院議員通常選挙

上記すべての選挙は投票用紙を記入する台に備え付けの鉛筆が有り、鉛筆で記入させれられたと記憶してます

しかし令和3年4月25日の名古屋市長選挙では、なんと有権者一人一人にボールペンを手渡し、記入を終えたボールペンを回収してました

以前からネット上で鉛筆は、不正選挙の温床になるので自分でボールペンを持参しましょうという書き込みがありましたのでちょっとびっくりしました

今現在、投票率が200%とも300%以上あったともいわれた疑惑のアリゾナ州マリコパ郡で監視カメラを9台設置して全世界監視下の元全手作業による2020年大統領選挙の監査が行われています

不正選挙まみれだった米国大統領選挙の絡みで不正選挙がやりづらくなっているのが原因で奥の院から日本にも今回の選挙はガチンコでやれと命令されたのでしょうか?

名古屋市長選挙の結果です。

▼河村たかし、無所属・現。当選。39万8656票。
▼横井利明、無所属・新。35万711票。
▼太田敏光、無所属・新。1万3804票。
▼押越清悦、無所属・新。8162票。

署名偽造事件で悪条件の下でも「自民、立憲民主、公明、国民民主推薦で前市議の横井利明氏(59)」に勝ちました。名古屋市愛知県の知事からも、主要な与野党からもノーを突き付けられてオール反河村で束になっても勝てなかった河村たかし市長はある意味化け物ですな(笑い)

「河村さん、いてもいなくても一緒」 大村知事が会見、名古屋市長選の祝福なし

大村 秀章さん河村市長を非難したい気持は分かりますが、こんな悪条件にも関わらず勝ったということは、これが名古屋市民の民意であり尚且つ、貴方が名古屋市民、愛知県民に負けたのですよ。素直に負けを認めないと貴方自身の人間としての資質、器量、品位を落とすことになりかねませんよ
posted by 珍道中 at 18:11| Comment(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。