2021年01月12日

イタリアゲート

2021年1月6日に今回の1月3日に行われた米国大統領選挙にイタリアの軍事企業レオナルド社と在ローマ米国大使館が関与していることを証言する宣誓供述書が提出された事件



ラツィオ州, イタリア

私こと、大学教授/弁護士 Alfio D'Urso(Via Vittorio Emanuele, Catarina, 95131在住)は、陸軍の安全保障サービスの高官との数回の会議で伝えられた事実をここに以下の宣誓供述書として提出します。

Leonardo SpAの元IT部門長であるArturo D'Eliaは、2020年12月にLeonardo SpAのメインコンピュータに技術/データ操作とウイルスを植え付けたとして、ナポリの検察官から起訴されました。

D'Eliaは、ナポリの大統領判事から宣誓証言を受けており、2020年11月4日、ローマの米国大使館に勤務する米国人の指示と指示の下、2020年11月3日の米国選挙のデータをドナルド・トランプ氏の大幅な勝利から、ジョー・バイデン氏が得票数で負けていた多くの州で、ジョー・バイデン氏に切り替える操作を行ったと宣誓証言しています。

被告は、レオナルドSpAのペスカーラ施設で働いていたと供述しており、軍用グレードのサイバー戦争の暗号化能力を利用して、フーチーノタワーの軍事衛星を経由してドイツのフランクフルトに切り替えられた投票を送信しました。

被告は、場合によっては登録有権者総数よりも多くの有権者を代表するようにデータが入れ替わっていた可能性があると証言しています。

被告人は、自分と家族が全面的に保護されるならば、ドナルド・トランプ氏からジョー・バイデン氏への票の入れ替えに関与した全ての個人と事業体に対して証言する意思があると述べています。

被告人は、非公開の場所に元の(投票結果)データ及び切り替えられたデータのバックアップを確保していると述べており、指示された場合には、この事件の法廷で証拠を提出すると述べています。

2021年1月6日 ローマ イタリア

イタリアでは大問題になっららしいけども、アメリカと日本では何故か一切報道されてません

posted by 珍道中 at 17:12| 戦争

2021年01月10日

支那各地は戦時状態に入ったらしい。アメリカ合衆国の大統領は日曜日/月曜日辺りでメッセージを出す


支那で小型核兵器により大爆発があったらしいです。トランプ大統領は全世界に対して戒厳令を出すらしいです続きを読む
posted by 珍道中 at 22:23| 戦争

2020年02月23日

チャイナウイルス最新情報!在韓米軍基地封鎖


韓国陸海空軍からもチャイナウイルス感染者増殖

韓国も全中国からの入国禁止決定

北京の共産党幹部専用の病院も幹部が次々と罹患して隔離

北京市長も感染して隔離

北京の収容病院から患者が次々と脱走

北京刑務所の囚人も次々と感染拡大中

北京で有名な医師から教授まで次々と感染して死亡

中国での実際の死亡率は50%


続きを読む
posted by 珍道中 at 00:28| 戦争

2020年02月22日

カンボジア首相がチャイナウイルスに感染?

令和2年のチャイナウイルの日本蔓延これが安部「李」晋三の所謂「約束の日」だったのでしょううか?

カンボジア首相がチャイナウイルスに感染?

人民解放軍海軍で感染者増大

ロシアは分析の結果コロナウィルスは生物化学兵器だと調査結果を正式に発表しました

去年9月に 共産軍が 武漢で コロナ演習を行なった。その時 ロシアと北朝鮮を 招待した。だから彼等は 動きが早い。

1月17日にカリフォルニアを出航した米空母打撃軍が今、台湾周りに到着しました

米海軍が20万人以上世界中に送り込まれているけども。米中戦争が起きるのかと思いきや、米軍は世界を視野にいれた動きをしています。ロスチャイルドは旧約聖書の予言通りに世界を動かしているのでしょうか。

バッタの大軍、コロナウイルス感染拡大、米軍の動き・・・」


posted by 珍道中 at 00:41| 戦争

2020年02月16日

ダイアモンド・プリンセスの感染者は、なぜ、こんなに多いのか?

横浜港停泊のダイヤモンド・プリンセス・クルーズ号の件ですが感染者大爆発で、今後世界中で責任の押し付け合い合戦が始めるでしょう。誰も責任取りたくない、金を払いたくない。

でも我が日本政府の中には謝罪ビジネスの絶好のチャンスとばかりにわざと濡れ衣を日本に被せて損害賠償費支払い名目で税金の中抜きをやらかす政治家が出てて来るかもしれませんので我々日本国民の監視が必要です

日本国はあくまで善意の第三者としてこの「リトル武漢」という英国船籍のカジノ船に対応しただけですので日本にはなんら責任はありません

続きを読む
posted by 珍道中 at 15:51| 戦争